盲点との出会い
子どもが親と正反対のことをするのはなぜか 子どもと言うのはすごいもので、どこか親の盲点になっているところに、問題点を探し出してくることがよくあります。
どんな人間だって、盲点はあるわけでしょう。
その盲点が関わるようなところで、子どもが問題を起こしてくる。
でも、親にしてみたら、自分で考えても全然どこも悪くない。盲点なんだから、よいも悪いも、もともと見えていない。
長所と欠点は、みんな表裏一体になっていますね。たとえば、お父さんがコツコツ仕事して地道に生きているような人だったら、子どもの方はボケーッとしていて「なんかポッとおもしろいことでもあったらやったろうか」というようなタイプだったりします。
お父さんから見たら「なまけてばかりのけしからん子どもだ」となるけど、子どもからお父さんを見たら「毎日同じこと繰り返して、なんて人生をつまらなく生きているんだろう」といえないことはないわけです。

◆盲点メニュー
一攫千金ダメ人間
誰が君を殺したのか
自分が生きるために
悩んでるときは
親のカン

絵と成長の出会い
動物との出会い
不登校との出会い
いじめとの出会い
苦労との出会い
盲点との出会い
梵我一如
対決と出会い
思春期の出会い
出会いと将来の幸せ

Allright Reserved.2009